「仮想通貨コラム」カテゴリーアーカイブ

ACDとBitcoin.comがビットコインキャッシュを利用し新しい決済方法について提携することに合意




Bitcoin.com( 代表取締役社長:ロジャー・バー) と ANA ホールディング株式会社が出資する株式会社 ACD(代表取締役社長:園田康博。以下「ACD」)は、暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結することを発表した。

この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行するACD トークンの連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、日本から“本物”をお届けするグローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能になります。

幅広く調査及びテストを重ねた結果、ACD と Bitcoin.com 共にビットコインキャッシュが暗号通貨の中で、手数料が低く、取引スピードが早いと信頼できるとのことから最も消費者及びビジネスにとって最適な暗号通貨であると賛同。

このパートナーシップは ACD がビットコインキャッシュを決済方法の一つとして推進するところから開始。
更に本パートナーシップによる ACD トークンの様々な用途や拡張、その詳細については、後日発表されるそうです。

 

また、今回のパートナーシップを経て ACD トークンはビットコインキャッシュプラットフォームとなる予定。
ACD の CEO 園田康博から、”市場にある様々な暗号通貨を色々調査及びリサーチをした結果、当社はACD トークンとビットコインキャッシュを連携させ新しい決済方法として選定した。



 

これは利用者がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる決済方法を世界規模での取引が実現できると考えており、”Bitcoin.com の CEO、ロジャー・バーから “ACD とビットコインキャッシュのパートナーシップに協力できることは非常に光栄です。ワールドワイドな航空会社の出資会社がワールドワイドの通貨を採用されることは必然であると考えます。”ビットコインキャッシュは P2P 電子通貨であり、誰からでも、どこからでも即時に決済ができる電子通貨システムです。費用がほぼ無料で、ダブルチャージのリスク、決済ができなかったり、送金が戻されることもない。

ACD のようなグローバル会社には最適な組み合わせであり、利用者には革新的な決済方法を提供することによって、ACD が先んじてビットコインキャッシュ決済を取り組むことによって、競合他社との差が更に大きくなると予想できる。

 

参考資料:https://acd-coin.com/news/press-release/2018-12-28-01/