実践で活かせる重要なローソク足パターン

ローソク足は時系列に沿ってどれくらい上昇したか下落したかがわかります。

 

また、時系列には月足、週足、日足、4時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足があります。

 

ダウ理論には②「トレンドは3種類存在する」とあります。

以下はイメージ図です。

主要トレンドが一番強く、その次が二次トレンド、そして最後が小トレンドです。

 

なのでローソク足の見方は、初めに主要トレンドである足のトレンドを確認し、次に二次トレンド、そして最後に小トレンドを確認するように見ていきましょう!

 

では実践で活かせる重要なローソク足パターンを見ていきましょう!

 

●上昇サイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です