超大型ICO Medicalbit(メディカルビット)

1

Medicalbit(メディカルビット)の購入はこちら

1、概要について


医学は日々進歩しており、数千ともわれる病気は一人の医師が知見を持ち続ける事は不可能です。

電子カルテシステムに診断支援情報を配信するために、幅広い疾患に対応する取り組みを日本メディカルソリューションズ株式会社(JpMedsn)は行っている。

 

2、iMedsnとは


患者、医療従事者、薬剤・医療機器メーカー、保健者と各々がそのメリットや価値を相互に共有できるプラットフォーム。

医療情報やカルテ情報がシームレスに利用できる、患者は質の高い医療を受け入れることができる

 

3、MedicalBit社について


エストニア共和国の法人であるMedicalBit社がプロジェクトの資金調達を行う、日本法人のJpMedsn(日本メディリミテッド株式会社)がプロジェクトの事業実施を行うようです。

※ 外務省HP参照
行政機関のデータベースは相互にリンクされており、オンラインでも個人の情報を閲覧可能。また、選挙投票や確定申告、会社設立がネット上でできる他、電子カルテ等の先進的な取り組みが進められたている。なお、エストニアでは世界で唯一、国政権選討議までネットご覧ください上で
行きえてるようになっている。2014年12月、外国からの投資、企業誘致等を促進するため、電子居住権(電子レジデンシー)の制度が導入された。これにより、電子居住権取得者は、エスニシアの国民・居住者以外でも、エスニックの電子政府がシステムに利用可能になった。また、外国人が国外から企業の設立・運営、遂行手続きを直接行うことができ、事業の効率、費用削減の効果があるとされている。

エストニアは世界初の国家によるICOの実践を計画しており、仮想通貨の利用にも積極的です。以上を踏まえて、今回ICOをエストニア法人で実施することにしました!

5、ICOによって明らかになる内容


・新世代クラウド型電子カルテ(iMedsn)による診断支援情報を参照可能にする。

・医療AIを開発する、iMEDSn電子カルテに大量に蓄積されたカルテ情報を集約する

・大量に蓄積されたカルテ情報、つまり「医療でお知り合う集積」を応用してAIによる自動診断や診断支援を行う機能を開発し、医療AIとシームレスに連携する機能を搭載する予定

・ブロックチェイン技術を用いた医療用のデータベースのプラットホーム開発

・MBCコインのウォレット機能の実装

ここで一番の注目は 、、、、、、、量子暗号化技術を導入したブロックチェーン技術によるプラットフォームの開発を進めている

 

※仮想通貨と量子コンピューターの関係

従来コンピュータの計算速度を遥かに超える計算速度を有する量子コンピューターは、いずれ仮想通貨の暗号化技術を破ると考えられる。

そういった意味からも量子コンピューターに対応できる仮想通貨は将来的にも価値を有するのではないかと考えられる。

・量子コンピューター対策を搭載している通貨 

 ADA、NEO、XSHなどが有名です。

6、MBCトークン発行概要


・トークンセールの予約販売は2017年11月27日12:00(JST)開始

・トークン価格 ※レートについては適時変更  シンボル:MBC

MBCトークンボーナス:予約販売は購入したMBCの最大30% 

2ETHから購入可能

・発行上限:300,000,000MBC

・セール目標数 :90,000,000MBC

・インセンティブ追加発行数:セール数の約60%

・内訳 セールボーナス:約15%

セールスインセンティブ:約 20%

アドバイザリーボードへの報酬:約10%

事業実施会社のステークスホルダーへの分配:約15%

7、メディカルビットの注目点


コミュニティが強い、熱い通貨は、基本的に底が強く、価格が高騰しやすい傾向があります。

XPやモナコイン、PACなどがいい例になります。

PACのコミュニティは2万人を超えており、XPは3万人を超えているそうです。

メディカルビットはなんと600万を超えるメンバーがバックにいるそうです。

また、自社で取引所も作ろうとしております

これは期待せざるおえないですね!!

 

Medicalbit(メディカルビット)の購入はこちら

記事を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です